帯広市民文化ホール 小ホール




今回は、アカペラもあり、日本語の曲もあり、打楽器、オルガン、ピアノを入れて、華やかなラターの「グロリア」と、を15年ぶりに再演しました。
 「落葉松」は多くの合唱団で歌っている曲なので、日本語をきちんと客席に届けられるように発音にも苦労しました。
ラターは、楽器と合唱の合わせの回数が少なく、最後まで不安でした。58名の団員で歌いました。・・・照明がとても美しく、音楽にぴったり合っていました。

第1部 
日本古謡「さくら」           (編曲:武満徹)       
聖母への祈り アヴェマリア集
   グリーグ  / カッチーニ 
 スタンフォード  / ビーブル
   
   
   

第2部  混声合唱曲集「落葉松」
(作曲:小林秀雄)
1.飛騨高原の早春 (詩:岩間純)
2.あなたとわたしと花たちと (詩:峯陽) 
3.瞳 (詩:薩摩忠) 
4:落葉松 (詩:野上 彰) 
   
ピアノ: 丹後美幸 
 
 

第3部  ジョン:ラター「グロリア」
  1.Glroia in excelsis Deo
   2.Domine Deus
  3.Quoniam tu solus sanctus
ピアノ: 丹後美幸 
オルガン: 福田真樹 
パーカッション: 笹井由香・野田美佳

   
   
指  揮  作間 令子
   
舞台監督  原田 博行