芽室町中央公民館 

”やまなみ合唱団”も昭和47年に結成されてから今年で13回目の誕生日を迎えます。ただ、歌が好きで、コーラスが好きで集まった小人数のグループが、その一人二人と仲間を増やし、今では60名の団員を擁する混声合唱団に成長しました。それと共に、ただ歌う楽しみだけを求めていた私たちは、もっと良い歌を、もっと素晴らしいハーモニーをと、質の高さを求めるようになって、楽しい中にも充実した練習を続けて参りました。
昨年3月、この”やなまみ”を永い間指導して下さった森田宏之先生が転勤され、団として最大の危機が訪れた時、幸運にも団員一同の熱意で、合唱指導の大家である朴谷先生を常任指揮者としてお願いすることが出来、ピンチを切り抜けるだけでなく、質量ともに一回りも二回りも大きく成長したように思います。今後も色々な試練が訪れることかと思いますが、なお一層団員のハーモニーを大事にして、皆さんの期待に応えて歩んで参りたいと思っております。
              (第8回演奏会 プログラム 団長のあいさつより)


指 揮・・・朴谷邦正     ピアノ・・・高橋恵子・斉藤雅子
エレクトーン・・・高橋恵子  ドラム・・・松井貞典
団 長・・・村越英男


T 楽しい合唱
ふるさと 岡野貞一
大きな古時計 H・Cワーク
赤とんぼ 山田耕筰
ともしびを高くかかげて 冨田 勲
荒城の月 滝 廉太郎
流浪の民 シューマン
    
U 女声合唱
季節の中で 松山千春
アメリカン・フィーリング 小田裕一郎
ある愛の詩 フランシス・レイ
V 現代日本合唱曲
海の匂い 広瀬量平
秋の女よ 大中 恩
雪の日に 高田三郎
河口 團 伊玖磨
W ロシア民謡
アムール河の波
カリンカ
モスクワ郊外の夕べ
つる
心さわぐ青春の詩
X 混声合唱組曲「旅」
旅立つ日 作詞   佐藤 真
村の木径で 作曲  山之井 慎・田中清光
旅のよろこび
なぎさ歩めば
かごにのって
旅のあとに
行こうふたたび