本文へスキップ

新しい視点で○○○を活動する 十勝やまなみ合唱団

メンバーprofile

十勝やまなみ合唱団  
     (合唱連盟加盟団体)

合唱団 主な役員

団長 竃 英夫
副団長 濱田栄一
事務局長 蝶野千秋
会計 杉浦靖雄  
中川隆雄
 合唱団 団員構成
  ソプラノ=20、アルト=16
  テナー=13、ベース=9
       (在籍団員数 約60名)

常任指揮者 作間令子

広島県大竹市出身東京芸術大学楽理科卒。
ピアニスト、指揮者として活動する傍ら独自の音楽教育を展開し多くの後輩を育てている。合唱指導は1982年やまなみ合唱団で始め、毎年の定期演奏会、コンクールほか、多くのステージでタクトをとっている。

 2000年、初のピアノソロリサイタルを開く。同年3月十勝文化奨励賞を受賞。12月テレマン室内管弦楽団とのモーツァルト「レクィエム」帯広演奏会の指揮者に抜擢される。2003年11月同じくテレマンとの古楽器によるヘンデルのオラトリオ「メサイア」全曲演奏会を行う。「祝祭・国際モーツァルト2008」では、テレマン室内管弦楽団と「レクィエム」を再演。2012年4月にバッハの「ロ短調ミサ」を指揮し「十勝バッハ合唱団」を指導。テレマン室内オーケストラと共演し成功を収める。同12月には十勝やまなみ合唱団を指揮し、3度目のモーツァルト「レクィエム」演奏を行っている。