十勝やまなみ合唱団の特徴

鳥1鳥2
北海道の十勝で活動しています

北海道の真中より少し右側の、十勝平野にあります、「帯広」が私達の拠点です。「六花亭」の本店があるところです。合唱団員は各自マイカーを運転して練習会場へかけつけるのですが、一番遠い方は、片道1時間半かけて「広尾町」というところから通っています。きっと皆さん車の中で発声練習しているのでしょうね。

実力以上の曲に挑戦する

音楽には素人ばかりの合唱団ですが、なかなか難しい曲が選ばれます。プロの演奏をCDで聴くと大変美しい曲なのですが、自分達で歌い始めたときは「ホントに同じ曲かな・・・」と言いながら練習しています。そこで武器になるものがあります、「音取りCD」。各パートごとに作られてた音取り練習用のCDが事務局で作製されます。耳から覚える・・・そんな状態でアップアップしならがも、ドイツ語、ラテン語、英語、など歌っています。

選曲

選曲は、指揮者の作間先生が行います。あまり聴いたことがないけれど「うーん、これは歌ってみたい」と思わせる美しい曲を探してきてくださいます。気づけば、十勝初演のものも多いかもしれません。最後のステージには楽器が入ることが多かもしれません。

やまなみ合唱団委嘱作品・・・「榎木冨士夫の詞によるプーランクの5つの歌」

かつて「動物のカーニバル」を演奏した際に、詩人の「榎木冨士夫」さんの作詞の力量に感心した団員が「この方ならプーランクの歌に日本語で詞を書いてくれるかもしれない。」・・・不躾とは思いましたが、取り敢えず手紙を書きました。1998年夏のことでした。一週間ほどして返事が来て、「やってみましょう」と言って下さいました。選曲は、指揮者の作間先生が行い、プーランクの「七つの歌」と「ある雪の夜」という、ふたつの有名な曲集から作間先生が五つ厳選しました。そして2001年10月6日の第23回定期演奏会で5曲全曲演奏しました。2006年11月第29回演奏会にて再度演奏させていただきました。

「演奏会」のありかた

音楽的に完成度の高いものを求めることに「妥協しない」指揮者の姿勢は厳しいです。でも、それは、大舞台でも、どこかの病院の待合室でも変わらずに貫かれます。合唱が身近な存在ではない方にも、楽しんでもらえるような「演奏会を出前」する・・・、出演依頼があればいつでも気軽にご連絡を下さい。また定期演出を毎回頭をひねって考えています。「目指せ、総合芸術!」と演出担当者は密かに思っているようですが・・・(予算に限りがあるもので)

個性あるふれる指導者

指導者は作間令子先生です。歯に衣着せぬストレートバンチが飛び交うのが日常で、厳しい先生です。音取りが終わり、曲を仕上げる頃になると、「作間マジック」が始まります。私達の実力以上の音楽を演奏できるように魔法をかけられるのですが、その呪文がまた耳に痛い。「どうせ楽譜を見ても歌えないのだから私を見てよ!」なんていうのはまだまだ序の口。でも、そうやって毎回の演奏会をなんとか乗りきってきました。白い歯がこぼれる先生の笑顔が「「撃たれ強い」団員のエネルギー源かもしれません。

恒例の「合宿練習」

定期演奏会の2ヶ月くらい前、毎回恒例の「強化練習合宿」を行います。土曜日の午後から翌日日曜日の午後まで、寝食を共にして、大人達が集い、歌って、食べて、歌って、飲んで、歌って、掃除して・・・の1泊2日の日程をこなします。ここでは、小編成の「チーム対抗の発表会」があり、互いの演奏を聴きあうことがとても大切な練習になります。しかし、疲れる・・・。この合宿で、団結力をさらにアップし、本番が近づいてきたことも実感します。そして、自分の体力の衰えも実感します・・・。

おでかけミニコンサート・・・「だからこそ、よい音楽を・・・」

病院や老人施設などを訪問して、ミニコンサートもどんどん行います。「こういう時こそ、よい演奏をしなければならない。」と指揮者が言っています。私達の歌が何かのお役に立てるなら・・・そう思っています。我ら、「十勝やまなみ合唱団」でよければ、ありがたく歌わせていただきますよ!

HOME 団員募集 BACK